フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【耳をすませば】プエルトプリンセサ空港

 

 

f:id:palawan:20181015123513j:plain

 

 

パラワン島の空の玄関口プエルトプリンセサ空港

 

 

仕事柄よく到着ゲート付近で日本からのお客さんを待つことが多いのだが、数か月前から空港で新たに始まったことがある

 

 

それは到着便に合わせてプエルトプリンセサの歌が流れるのだ

 

 

その歌については以前ブログでも書いたのだが

 

 

palawan.hatenablog.com

 

 

1カ所しかない到着ゲートの自動ドアの前に陣取っているだけの空港セキュリティの人達が、イスに座ってバナナキューを食べながら到着便に合わせてこの歌をスピーカーから流す

 

 

フィリピンのくせになかなか粋な計らいで、私もよく到着したお客さんに「これプエルトプリンセサを歌った歌なんですよ」と言ったりする

 

 

私の場合は聞きすぎて歌詞の60%、メロディの100%を覚えてしまい、時々買い物しながら無意識に口ずさんでしまうというプエルトプリンセサ超大好き日本人みたいになってしまっている

 

 

とにかく、パラワン島プエルトプリンセサ空港に到着したらちょっと耳を澄ましてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

これはパラワン大学でのライブ動画

 

曲のエンディング付近、4分くらいの観客の一人に注目。フィリピンっぽいね(笑)

 

 


Woopis - "Puerto Princesa Iba Ka Talaga" original song at Palawan State University

 

 

 

 

 

palawan-traveling.com

 

広告