フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【新路線就航】北海道からパラワン島へ1日で行けるのね!

 

北海道からフィリピン最後の秘境へ

 

北海道と言えば、私も6~7年前に人生初の北海道旅行で訪れた。旭川空港到着後、例の有名な動物園を経て、レンタカーで5時間くらい爆走して予約しておいた稚内のANAホテルまで行くという無駄に過酷な小旅行をこなしたが、今はいい思い出。道中のことは全然覚えてないけどなんかいろいろ雪で白かった気がする。。。

 

そんな素敵な北海道にお住まいの方に朗報!

 

なんとフィリピン航空が札幌新千歳空港からマニラ空港への新路線を2018年12月7日より就航!!さらに運航スケジュールがなかなかいいのでご紹介します。

 

北海道からマニラ直行便

 

 

札幌 / 千歳 ⇔ マニラ(フィリピン)

 

簡単な運航スケジュールの概要は

  • 月・水・金の週3日
  • 飛行時間は約5時間
  • 札幌 / 千歳空港からマニラ空港行は9時45分発の14時30分着
  • マニラ空港からは午前1時45分発の8時30分着

 

となります。ちなみに来年2019年の5月1月出発で5月10日帰国の料金をフィリピン航空のHPから確認したら下のようになりました。

 

往路(行き)PR405便

千歳からマニラ運航スケジュール

 

 

復路(帰り)PR406便

マニラから千歳運航スケジュール

 

23キロの預け荷物2個付きのスタンダードなプランであるエコノミーセイバーで片道約4万円弱。金額はそれなりですが、乗り換えなし、北海道から初のフィリピン直行便は便利ですね。

 

 

パラワン島へも簡単に行けます!

 

上記のフライトを利用すれはマニラ経由でパラワン島プエルトプリンセサ空港やエルニド空港へ乗り換え1回で行くことが可能です。しかも基本的に移動にかかる時間は1日以内です。

パラワン島の玄関口である中心地プエルトプリンセサ空港へ行く場合を例にとって見てみます。

ちなみにマニラ⇔プエルトプリンセサ間はフィリピン航空、セブパシフィック、エアアジアの3社が定期運航しています。※所要時間は約1時間20分です。

 

f:id:palawan:20181221115954j:plain

 

往路(行き)マニラ発⇒プエルトプリンセサ着

前述したPR405便で14時30分にマニラ空港到着後のパラワン島(プエルトプリンセサ空港)への乗り換え便。

 

フィリピン航空

マニラ空港18時05分発のPR2787便を利用

 

セブパシフィック

マニラ空港19時05分発の5J645便を利用

 

エアアジア

マニラ空港17時45分発のZ2420便を利用

 

 

復路(帰り)プエルトプリンセサ発⇒マニラ着

北海道へ帰る為に、マニラ空港を午前1時45分に出発へ戻る便(PR406便)に乗る為のフライトです。マニラを深夜出発になる為、前日のプエルトプリンセサ発マニラ行きの最終便を利用するパターンです。

 

フィリピン航空

プエルトプリンセサ空港19時40分発のPR2788便を利用

 

セブパシフィック

プエルトプリンセサ空港19時発の5J646便を利用

 

エアアジア

プエルトプリンセサ空港19時40分発のZ2421便を利用

 

上記のような便を選べば無理なくパラワン島に来て旅行を楽しむことが出来ると思います。

 

 

パラワン島とは

パラワン島はフィリピンの南西部に位置する細長い島です。フィリピン最後の秘境や世界のベストアイランドとも呼ばれており、のんびりとした雰囲気でフィリピンでも治安が良く、世界遺産や綺麗な海でアイランドホッピングツアーなどが手軽に楽しめます。また物価も安くおいしいフィリピン料理やフルーツ、ショッピングも楽しめます。

 

フィリピンの世界遺産プエルトプリンセサ地下河川公園ツアー

世界遺産アンダーグラウンドリバーツアー

 

パラワン島アイランドホッピング

ホンダ湾アイランドホッピングツアー

 

おいしいフィリピン料理

おすすめのチキン料理

 

 

まとめ

今回の北海道からの新路線は長時間の乗り換え時間もなく、また逆に乗り換え時間が短くて心配ということもないので便利に利用できると思います。北海道にお住まいの方はこの機会にパラワン島へ旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

もう少しパラワン島のことを知りたい方はこちら

⇓ ⇓ ⇓

palawan-traveling.com

 

広告