フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【謎】美的センス

f:id:palawan:20171102161137j:plain

 

世界でトップクラスのフェイスブック利用率を誇るフィリピン

  

f:id:palawan:20171102161420j:plain

 

 

仕事中も隙あらば自撮りして投稿することに余念がない

 

アカウントを持ってないとある意味変人扱いされてしまう

 

ちょっと出会った人からも友達申請が容赦なく来る

 

さすがに私もアカウントを持っていないといろいろと不便なので全然何もアップしないけど利用している

 

さらに個人がフェイスブックを通していろいろとモノを売っていることも多い

 

しかし注目すべきは彼らの「売りたい気持ちの強さ」と「美的センス」

 

 

今日は少しずつ確認してみよう

  

 

まず初級編

 

 

f:id:palawan:20171102162707j:plain

 

 

 

どうやら1個150ペソで帽子を売りたいらしい

 

ベットのシーツがめくれていてもお構いなし

 

なんか変なコードが帽子に向かって伸びていても関係なし

 

 

 

f:id:palawan:20171102162707j:plain

 

それくらい売りたいのだ!

 

 

次は中級編

 

 

f:id:palawan:20171102162653j:plain

  

これはどうやら家と土地を売りたいらしい

 

気になるのは洗濯物だ

 

もしかしてサービスで付いてくるのか!?

 

生活感を一切隠さず家と土地を売ろうとする気合が伝わる一枚だ

  

f:id:palawan:20171102162653j:plain

 

 

 

中級編2枚目はこれ

 

 

f:id:palawan:20171102162701j:plain

 

これクラスになると一体何を売りたいのかがすぐに分からないのがポイントだ

 

実はスピーカーとプリンターをセットで売ろうとしている

 

写真がぼやけているとか、埃がかぶっているとかは100歩譲っていいとして

 

セットにする意味が分からない

 

 

f:id:palawan:20171102162701j:plain

 

 

プリンターに関してはちゃんと動くのかどうかすら怪しい・・・

 

コメントも1件だけなのもポイントが高い

 

 

最後に上級編

  

 

f:id:palawan:20171102152053j:plain

 

 

今回は大好きなスマホを売りたいようだ

 

指紋が付いたスマホをフラッシュを使って強調する必殺技まで使っているが

 

注目はポッチャリした子供だ

 

なぜそこで撮影したのかが謎すぎる1枚

 

 

しかもよく見るとポッチャリ君のそばにはスナック菓子が・・・

 

 

f:id:palawan:20171102152053j:plain

 

 

しかも2つ

  

「スナックが好きでポッチャリしてしまった子供を持つ私、この子にもっとスナックを買ってあげたい!だからスマホ買って!」

 

というサイドストーリーまでさりげなく付けているのが上級者であるゆえんだ

 

 

フェイスブックの一部分だけでも十分にフィリピンという国を表現しきっている

  

売りたいと思った瞬間が写真を撮る瞬間なのだ

 

しかしこちら側からするとウソ偽りのない写真を見れていいのかもしれない・・

 

 

 

palawan-traveling.com

 

 

 

 
広告