フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【名前は】チョコ

 

 

 

とある朝

 

 

 

 

部屋の外でキャッキャッと例の子供達が騒いでいる

 

 

 

 

 

そして私を呼ぶ声

 

 

 

 

 

さすがに朝の6時からいつも以上のハイテンションキッズの相手をする気になれず悪いとは思いつつもシカト

 

 

 

 

 

しばらくして目を覚まして水を飲みにウォーターサーバーのあるキッチンへ歩いて行く

 

 

 

 

 

で眠い目を擦りながら水をコップに注いでいると・・・

 

 

 

 

 

なんか足元に黒い物体が・・・・

 

 

 

 

f:id:palawan:20171112175756j:plain

 

 

 

 

デカいネズミか!?

 

 

 

 

 

しかしよく見ると動きがスローだし松崎しげるみたいに濃い、いや黒い!

 

 

 

f:id:palawan:20171112180359j:plain

 

 

 

 

ネコだ!!しかも子猫!

 

 

 

 

f:id:palawan:20171112175804j:plain

 

 

 

 

 

そしてケタケタ笑う先ほどの子供達の声が

 

 

 

 

 

f:id:palawan:20171112175832j:plain

 

 

 

子供達に一体何でここに子猫がいるのか聞くと

 

 

 

 

 

どうやら朝起きて庭に行ったらそこに独りで居たらしい

 

 

 

 

でそのまま部屋に連れ込んだとのこと

 

 

 

 

 

膝に乗せてみる

 

 

 

f:id:palawan:20171112175820j:plain

 

 

 

軽い・・・1キロない

 

 

 

 

生後1か月ちょいくらいか

 

 

 

 

 

可愛いけど・・・・

 

 

 

 

ここに住む家族にこのこと話したの?と聞くと寝てるからまだだという・・

 

 

 

 

とりあえず子猫に水をあげて大人たちが起きてくるまで待つことに

 

 

 

 

以前ココアを勝手に拾ってきて今も一緒に住んでいる自分が言うものなんだが、自分の家じゃないので勝手に飼うことは出来ない

 

 

 

 

子供にちゃんとOKが出たら子猫用の餌を買ってあげる約束をして部屋に戻ることに

 

 

 

 

そして30分後、キッチンのあたりから大きな声が聞こえる

 

 

 

 

「飼っていい?」

 

 

 

「ダメ」

 

 

 

「何で?」

 

 

 

 

「もうモカとココアで合計二匹もいるでしょ!」

 

 

 

なんかすいません(汗)

 

 

 

「飼ってよぉ」

 

 

 

 

「ダメ!」

 

 

 

 

そんなやり取り

 

 

 

 

 

しかし最終的に動物が好きな優しいオーナーは猫を捨てることが出来ずにペットとして飼うことに

 

 

 

 

あとで「いいんですか?」と聞いてみると

 

 

 

 

 

「ここに迷い込んだこんな小さな子猫を追い払ったら罰があたるでしょ!」とのこと

 

 

 

 

 

 

子猫もいい場所に迷い込んだもんだ

 

 

 

 

 

エサをあげる

 

 

 

f:id:palawan:20171112175839j:plain

 

 

 

メス

 

 

 

 

名前はチョコ

 

 

 

 

f:id:palawan:20171112175812j:plain

 

 

 

 

オスだったら「シゲル」にしたかった(笑)

 

 

 

 

何かとここパラワン島で猫と縁がある私

 

 

 

 

まぁストリートドックに縁があるよりいいね!

 

 

 

 

モカ、ココアのことはこのブログでも良く書いているので時間がある人はチェックを!

 

 

 

フィリピン旅行はパラワン島!【簡単】現地ツアー予約 | パラワンの海から