フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【新プラン】パラワン島の夜を安全に楽しむ方法・ナイトツアー男女別

f:id:palawan:20180112165612j:plain

フィリピンパラワン島のナイトスポット

旅行に行ったら1日中楽しみたい!しかし他の国、地域と違ってインターネットにも情報が載っていないし、あっても古い情報ばかりなパラワン島

 

私自身も過去てっとり早く有益な情報を得るためにネットで調べたが、日本語ではパラワン島で夜遊べるスポットはほとんど無くてなくてガッカリ。。英語で検索すると多少は出てくるが、それでも不十分。

 

そこで今回はいくつかのお客様の要望もあり新プランをご用意!

 

パラワン島「男性向けナイトツアー」プエルトプリンセサ編

キーワードは安全!パラワン島、特にプエルトプリンセサはこのブログにも何度か書いたがフィリピンの他の地域に比べて治安は格段にいい!

 

旅行に来ていただいた方、特に他のフィリピンの地域や東南アジアの国を旅行したことがある方が口をそろえて「パラワンはのんびりして治安も良くていいですね!」と言ってくれている

 

パラワン島旅行 お客様の声 | パラワンの海から

 

これは夜になっても基本的には変わることはないが、昼間よりは注意深くなる必要はあるし、はっきり言うとフラフラと行っていい場所とそうでない場所がある。

 

例えばビーチ。夜のビーチで夜空の星をのんびり眺めたいとしても、ビーチはダウンタウンから少し離れたところにあり、日没前に行くのは問題なくても暗くなってしまった帰りは交通が不便になってしまう。庶民の足で観光客もよく利用するトライシクル(バイクにサイドカーを溶接した3輪の乗り物)が走っていなく、捕まえることが出来ない。

日本のようにどこでも街灯があり道が明るく照らされている訳ではないので、慣れない異国の暗い道路をさまようことになりかねない。ここでは襲われるようなことはほぼ無いが、それでも100%安全で安心かと言えばそうではない。

 

実際に何も問題なくても、そんなちょっと不安な気持ちには誰もなりたくないはず。

 

飲食店でも同じで、どこが美味しくてどんな料理がいくらぐらいの予算で食べられるのか、自分の好みやその日の気分にあわせてお店をチョイスするには分からないとがたくさん。しかもここは日本人のほとんどいないパラワン島、偶然他の日本人客と居合わせて何か小さなトラブルがあった時に助け船を出してくれるようなこともない。

 

いろいろと調べる時間を節約して、限りあるパラワン島旅行での滞在時間を夜も安全に不安なく楽しめるように夜のツアープランをご用意!

 

夜は私が移動からお店や場所選びのアドバイスまで直接させていただきます。もちろんプライベート重視で、適度で適切な距離感をもって接することを心がけていますので、快適にお過ごしいただけると思います。

 

さらに「男性向け」と書いたのは(ココからは女性は読まないでね、笑)、男性が楽しめる大人のお店にもご案内が可能。

 

f:id:palawan:20180112165533j:plain

 

独身でフィリピンに来て夜ちょっとハメを外すことは悪い事ではないし、それも旅行の思い出の1つ!でもそうなると心配なのはボッタくりや危ないお店。日本でもそうだが、その手の店は普通の店とはちょっと違うもの。ここパラワン島にはそういったお店の数自体が他と比べて格段に少ない為、あまり心配することはないけど、いい店、悪い店はある。それに勝手の分からないお店に入るのは結構勇気がいるもの。

 

それに現地のそういった場所に詳しいローカルフィリピン人やトライシクルドライバーに案内してもらうこともできるが、全員ではないがその場合は過剰請求やチップの要求などであんまりロクなことがおきないことがあるし、なにより言葉の問題で意志疎通が大変、しかも結構適当に案内されることが多い

 

こういった遊びをおすすめしている訳ではなくて、せっかくの旅行なので「遊ぶならトラブルを避けて安全に遊んで欲しい」というコンセプト

 

私も含めて男同士で「ここはこーゆーお店でだいたい値段はいくらぐらいで」みたいなことを話しながら、必要であればお店で私が通訳することも出来る。

 

島々を巡るアイランドホッピングならぬバーホッピングも出来て1つのお店だけじゃなくていくつかのお店を楽しめるのも楽しい

 

田舎のパラワン島だけに「ここホントにKTVなの!?」みたいな半分廃墟でパイプ椅子がが出てくるお店もあって、旅行のネタにもバッチリ(笑)

 

詳しくはこちらをご覧ください 

 

 

  

ツアーと書いていますが、かしこまった感じのものではないのでお気軽にお申込みいただければと思っています。ぜひここパラワン島で安全に楽しい夜の思い出を!

 

 

パラワンの海から

 

 

 

 
広告