フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【誰のパパイヤ?】細かいことは気にしない

 

f:id:palawan:20180519095840p:plain

 

南国フルーツが豊富なフィリピン。ここパラワン島もフルーツ天国。

 

個人的にはマンゴーとパイナップルが一押し。そんなパラワン島で暮らすある日、朝歯磨きをしていたらお隣に住むダンナさんが私を呼ぶ声がした。

 

「グッドモーニング!ケイ!!ところでパパイヤ好き?」そういいながら手にまだ緑色のパパイヤを2つ持っている。

 

たまーに食べるし、嫌いじゃないので好きと答えるとそのパパイヤを両方くれた。これどうしたの?と聞くと庭に落ちていたそう。そういえば隣接する土地にバナナの木やパパイヤの木がなっている。しかしもちろん土地の持ち主は他人。

 

バナナ

f:id:palawan:20180519100452j:plain

 

f:id:palawan:20180519100448j:plain

 

パパイヤ

 

f:id:palawan:20180519100503j:plain

 

f:id:palawan:20180519100450j:plain

 

 

バナナも2階から手を伸ばせば届きそうな位置にあるが、パパイヤの木に至っては土地の境界線のすぐそばにある。おそらくというか確実にその木からパパイヤが落ちて来たのだろう。

 

一瞬この場合落ちたパパイヤは誰のものになるのか考えた。やっぱりその木がなっている土地の人のものか・・・それともパパイヤが落ちた場所の土地の人のものか・・

 

しかし2秒後にはまぁ何でもいいか!!という結論に!さすがにその土地の持ち主が「あんたウチのパパイヤ食べただろ!!」と怒ってくることはまずない。。万が一そんなことがあったら、そんなお隣さんは嫌だ・・・私、パパイヤをくれた人、パパイヤの木がなっている土地のオーナー、この大の大人3人でパパイヤを巡って喧嘩なんて考えただけでも生産性ゼロ・・・精神と時の部屋にいたとしても時間の無駄だ・・・

 

しかしそんなことはさておき、まだ緑色のパパイヤ。黄色くなって柔らかくなるまで追熟が必要。キッチンに5日間ほど放置

 

f:id:palawan:20180519101804j:plain

 

 

その後、メロンを切る要領でカット。適当に食べて残りはタッパーにいれて明日の朝や食後のデザートにちょこちょこ食べるとしよう。

 

f:id:palawan:20180519100457j:plain

 

 

甘く濃厚な味。日本でパパイヤってその辺のスーパーで売ってたっけな。。。日本のパパイヤといえばパパイヤ鈴木しか頭に浮かばない

 

f:id:palawan:20180519102228j:plain

 

 

ま、間違えた。葉加瀬太郎だった(汗)

 

こっちね

 

f:id:palawan:20180519102349j:plain

 

 

ということで、ぜひフィリピンのパラワン島にきたら美味しい南国フルーツを食べてみてください!!

 

楽しいツアーもいっぱい!!

 

フィリピン旅行はパラワン島!【簡単】現地ツアー予約 | パラワンの海から

 

 

 

 
広告