フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【アイランドホッピング】パラワン島・エルニド最新情報2019年5月更新 / 旅行に来る方へ

 

パラワン島エルニド

 

 

フィリピン・パラワン島北部エルニド

 

エルニドはフィリピンではもちろん世界中から観光客が訪れるパラワン島北部の町。

海が綺麗なだけでなく岩肌むき出しの景観が圧巻で一生に一度は訪れる価値のある場所。そのエルニドで最近になっていろいろな変化があり、それは観光客の方にも知っておいて欲しいものなので今日はそのことについて書きます。

 

 

環境保全と過度の混雑の抑制

2018年に日本でも話題になったフィリピン有数のリゾート地ボラカイ島が閉鎖されたのは記憶に新しいですが、フィリピンは下水の垂れ流し、リゾート地の開発などで環境にやさしくとは言えない状態が続いていました。南国の綺麗な海を守る為にボラカイ島では大統領による力業とも言える処置により突然の閉鎖(実際には何度か警告がありましたが)、その数か月後に段階的に観光客を再度受け入れ始め、現在では閉鎖は解除されています。

 

 

ではエルニドは

2018年末にエルニドにも6ヵ月のリハビリテーションを実施するということが決定されました。かねてよりいろいろと改善点がありエルニドの行政はそれに対して素早く対応していたのでボラカイ島のように急に閉鎖されるような事態にはなりませんでしたが、これをきっかけにエルニドに新たな規制、変更が設けられました。

 

環境客への影響・新ポリシー

新たな規制はもちろん環境保全に関するもので、それには観光客による過度の混雑への対策も含まれます。エルニドのアイランドホッピングツアーに対しては新ポリシーがプレテストを経て2018年12月1日より施行されました。

 

具体的な新ポリシーの内容で人気のエルニドのアイランドホッピングツアーに関する事項は主に以下の内容になります。

 

エルニドアイランドホッピングツアー目的地

各ツアーの目的地は一部変更されています。詳細は本文続きをお読みください。

 

・各アイランドホッピングツアーへの参加人数の上限設定

エルニドの主なアイランドホッピングツアーはツアーA、ツアーB、ツアーC、ツアーDの4種類。現在各ツアーには人数制限が設けられております。今までは無制限だったので混雑解消に役立っています。この人数制限自体は今後適切に変更が加えられる予定です。

 

・ツアーの事前予約

ツアー参加者は基本的に事前予約が必要となり、また環境税の支払いの有無、支払者本人かどうかを確認する為、氏名、年齢、国籍などの個人情報の他に、それを証明する身分証明書(パスポート)などの提示が必要となりました。現在ではツアーに参加する際にはパスポートもしくはそのコピーを持っていく必要があります。

 

・ツアーA&Cなどは廃止

以前は通常のツアーA~Dの他にもコンビネーションツアーと呼ばれるツアーA&CやツアーA&Bなどがありましたが、現在は完全廃止となりました。

 

・ツアーAの人気の目的地への入場制限

一番人気のツアーAには2018年12月までビッグラグーンとスモールラグーンという人気の目的地が含まれていましたが、1日にその2つのラグーンへ行くことは禁止され、どちらか1つのみとなりました。その為現在のツアーAは「ツアーAビッグラグーンコース」「ツアーAスモールラグーンコース」「ツアーA標準コース」の3種類となりました。前述したとおり、人数制限もある為、事前にご希望のコースを予約する必要があります。また以前はボートでラグーン内に入れましたが、今回からいずれのラグーンへの入場は手漕ぎのカヤックでしか内部に行けないようになりました。ツアー中にラグーンに着いたらカヤックをレンタルする必要があります(レンタル代は約350ペソ)。またラグーン滞在可能時間も約1時間に設定されています。

 

f:id:palawan:20181129140208j:plain

 

・ペットボトルの持込み禁止

ツアーにペットボトルに入った飲料の持込みが禁止になりました。ランチの際にはミネラルウォーターが配られますが、ツアー参加者はいつでも水分補給できるように水筒(使い捨てではないプラスティック製のボトル可)などに水をいれて持参する必要があります。

f:id:palawan:20190507125657j:plain

これらは持ち込み禁止です。

f:id:palawan:20190507125943j:plain

金属製水筒や上記のようなウォーターボトルは持ち込み可能です。


 ・ビニール袋の持込み禁止

こちらも環境への配慮から禁止されております。その他、使い捨て製品全般、タバコも禁止されておりますが、ビニール袋、ペットボトル以外はゴミ(吸殻等)をきちんと持ち帰れば実際は持参することは可能です。

 

・サンゴに関する規制

サンゴはとても繊細でダメージに弱い為、触ったり踏んだりすること、採取することは環境破壊となりますので厳しく禁止されております。サンゴだけでなくヒトデなどの生物も同様ですので気を付けましょう。

 

 

今後について・まとめ

環境に無配慮だと、この世界的に稀有で綺麗な海もすぐに悪化します。この新たな取り組みで今後も持続的にエルニドの海をみんなが楽しめるようになり、ツアーの人数制限により、エルニドの魅力を過度の混雑で損なうこともなくなります。

今後ツアー料金が2~300ペソ値上げされることも検討されていますが、もともとが安いので、上がった分で現地の働く人々に還元されたり、環境保護に使われるようになれば、きっともっと素敵な観光地となるでしょう。

現在は新ポリシーが施行されてあまり時間が経っておりませんが、やはり世界中から多くの人々が訪れており、ツアー関係者も手探りで日々ツアーを行っております。ただ急に新しい規制やルールが出来たりと、フィリピンならではの方法に時折混乱することもあります。

もともと日本人観光客はすごく少ないこともあり、大きな影響はないですが、急なルールの変更等がある可能性も考慮するといいかと思います。

これからエルニドに行く人は直近の1~2年と比べるとより良い環境で綺麗な海と自然を楽しむことが出来ると思います。

ぜひエルニドに旅行の際は環境への取り組みも意識して、次に来る人も同じように楽しめるようにしましょう。

 

 

 

パラワン島旅行の感想はこちらから。

palawan-traveling.com

広告