フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【コレは・・】ニューオープンのローカルモールに・・

 

最近そこそこ近くに出来たショッピングモール

 

 

f:id:palawan:20190623103746j:plain

爆音で新オープンをアピール

 

食料品以外のありとあらゆるアイテムが揃いそうで全然そろわないいつものアレな感じのローカルモール

 

さすがに店内は新しく、まだローカルモールあるあるは発生していない

 

〈ローカルモールあるある・抜粋〉

・商品にホコリ

・梱包の箱がぐちゃぐちゃ

・買う前からダメージもしくは壊れている

・値札がない上に誰も価格を知らない

・エレベーターが動かない

・床が異常に汚れている

 

 

ちなみにこの2階建てのミディアムサイズのモールの向かいには地元で人気の老舗巨大ローカルショッピングモールがあり、店内で売っているアイテムもほとんど同じ。凡人の私にはこの立地にビジネスチャンスを見出すことが出来ないが、きっと何かアレでアレな勝機があるのだろう・・・

 

しかし新オープンというのに相変わらず店員から覇気は感じられず、新鮮さはゼロ。これぞフィリピンという感じに何故かちょっとだけ嬉しさを感じるので私もかなりヤバい・・・汗

 

そんなこんなで店内を物色。やたらコップやお皿を売るスペースが大きいのもローカルモールの特徴。

 

 

 

そんな中、見たことありそうでなかったフィリピン紙幣マグカップを発見!!

 

 

 

これで1袋8ペソの3in1の激甘コーヒーを飲めば気分は常夏の楽園の路地裏の向こう側!!

 

f:id:palawan:20190623110040j:plain

20ペソバージョン

 

 

f:id:palawan:20190623110013j:plain

どうせ飲むなら50ペソバージョン

 

 

ちなみにマグカップの価格は1個35ペソ

 

 

f:id:palawan:20190623110039j:plain

ちゃんと100ペソもあります

 

 

しかし99%地元民が訪れるのにこのマグカップに需要はあるのだろうか・・・謎

 

 

店員に怪訝な顔で見られながらパシャパシャ写真を撮っていると高額紙幣バージョンも発見!!

 

 

f:id:palawan:20190623110019j:plain

500ペソ!!

 

 

 

そして最高額紙幣でもある1000ペソ(日本円で約2,100円)バージョンも!!

 

 

f:id:palawan:20190623110046j:plain



 

どれもまったく買う気はしないが、出回っている現物の紙幣みたいにシワくちゃで臭くないのが何だか嬉しい!!

 

 

ただ200ペソ紙幣バージョンだけがない・・・

 

f:id:palawan:20190623111854p:plain

200ペソ・・・

 

 

どうせなら全部コンプリートして欲しいと思うがフィリピンだし仕方がない

 

 

きっと日を追うごとに商品にホコリがたまり、欠品が多くなり、いつの日かエレベーターも止まるのだろうけど是非オープンした以上は末永く頑張って欲しい!!

 

 

 

 

ちなみに500ペソ紙幣の裏側のデザインの舞台はパラワン島

 

 

f:id:palawan:20190623113415j:plain



 

 

世界遺産アンダーグラウンドリバーに Philippine green parrot という絶滅の危機にあるコオオハナインコモドキという鳥が描かれています

 

 

f:id:palawan:20190623112831j:plain

綺麗ね

 

 

 

 

 

フィリピンにお越しの際は紙幣のデザインもチェックしてみて下さい!!

 

 

palawan-traveling.com

 

 

広告