フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし / 2017年~現在

【続報】ヨットで領海侵入・中国人10人のその後 / パラワン島

 

このブログの舞台はフィリピンのパラワン島

 

数日前に中国から6日間かけてヨットで勝手にフィリピン海域に侵入し、ここパラワン島に着岸した中国人10人。

 

その時のことはこちら

 

palawan.hatenablog.com

 

その後、彼らがフィリピンでどういった扱いを受けるのかが今回の話

 

もちろんフィリピンのいろいろな法律に抵触している彼ら。主なものとしては

 

・領海侵入

・有効な査証なし

・現在のコロナ渦における外国人の入国制限

 

完全にやりたい放題の無法者集団だが、個人的にはそのチャレンジ精神にチャイナスピリットを感じる

 

これからどうなるかというと、彼らは当然だが国外追放(強制送還)。そしてそのプロセスも入国管理局が中心となり既に始まっている。

 

たぶん普通であればブラックリスト入りして二度とフィリピンへは入国できないが、フィリピンという国と中国人との組み合わせなので、何らかの手段で来年あたりその辺で見かけるかもしれない…

 

ただ今は当然だが、陸地に降り立つことは許されず、プカプカ浮いているヨットの上で拘留中。

 

反省中?

 

ちなみに彼らのプチラグジュアリーなヨットは没収。もしかしたら今後見せしめでカメラの前で破壊パフォーマンスがあるかもしれない。

 

しかし当初は所有している土地の調査に来たとか何とかと言っていたが、本当は何しに来たのだろうか…

 

中国人の一人はフィリピンで登記された会社の役員だそうだが、その会社についても現地のフィリピン人からいろいろと疑惑の目が向けられている。

 

勝手なイメージだが、大半の中国人が絡む会社だと、大なり小なり叩けばホコリが出てくると思うが、それにはもちろんそれなりの立場のフィリピン人の何らかの協力なしでは無理だと思うので、これに関してはアンタッチャブルになるのかもしれない…

 

しかし彼らが中国に戻った時に中国政府はどんな風に彼らを扱うのだろうか。その辺をもっと詳しく知りたいところだが、専門家に聞かないと分からないだろう。

 

とにかく、この件については国外追放でひとまず一件落着かな。。。

 

 

このブログはブログ村ランキングに登録しています。下の画像をクリックしていただけるとブログにポイントが入りますので、ぜひ1回クリック宜しくお願いします!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村