フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【サバイバル!?】フィリピンのトライシクルが拾った超長距離客とは

 

 

フィリピンパラワン島 

 

 

 

 

ただの暇つぶし興味で友達のトライシクルドライバーに今までどのくらいの長距離客を乗せたことがあるか聞いてみたら

 

 

 

 

 

答えは

 

 

 

 

 

 

プエルトプリンセサのダウンタウンからエルニドまで。

 

 

 

 

 

 

 

エルニド・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは距離にして約270キロメートル。

 

 

 

 

 

 

 

 

トライシクルって?という方は

 

 

 

f:id:palawan:20170710200841j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

通常シャトルバンで5~6時間かけていく場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルニドを知らない人はこの動画を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常トライシクルは一人8ペソで身近な場所を回るもの

 

 

 

 

 

 

 

とにかくたまたま拾った欧米人カップルがエルニドへの客だったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約8時間かけてエルニドまで行ったそう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽量化の為に屋根を外したらしい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら乾季でも100%雨が降らないという保障はないのに。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやらそのカップルは走っている最中に写真やビデオを撮りたいが為にあえてトライ

シクルを選んだみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも元気だったのは最初の2時間で、残りはひたすら乗り心地の悪いトライシクルに乗り、着いたころにはぐったりしていたそう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本と違いぼこぼこのコンクリートの道路をサスペンションの恩恵が皆無なただの溶接されたサイドカーに乗り続ける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに軽量化の為に外された屋根

 

 

 

 

 

 

 

南国の容赦ない直射日光

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えただけで地獄・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

よく言えば修行

 

 

 

 

 

 

 

 

悪く言えば拷問

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

5、6年前の話で二人で1700ペソ。ガソリン代込み

 

 

 

 

 

 

 

どうやらバイクを新品にしたばかりのタイミングで、バイクの故障の心配はなかったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのドライバー、一応過去の長距離ドライブの経験から

 

 

 

 

 

 

 

 

・サバイバルナイフ

 

 

 

 

 

 

・ハニー(はちみつ)

 

 

 

 

 

 

・ミルク

 

 

 

 

 

 

・水

 

 

 

 

・塩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を携帯したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで万が一トラブっても時に食糧を調達しながらサバイバル出来るとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に断れよ・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろツッコミどころが多いが

 

 

 

 

 

 

 

 

良い子は真似しない様に!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そのドライバー、当然のごとく帰りはお客さん無しでまた8時間かけて帰ってきたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

貰ったひまわりの種

 

 

 

 

 

久々

 

 

 

 

 

 

美味しく食べました!

 

f:id:palawan:20170710200716j:plain

 

 

f:id:palawan:20170710200739j:plain

 

 

 

パラワンの海から