フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【フィリピン】チップいくらあげればいいの?

 

フィリピン旅行でチップ

フィリピン・チップ

 

ここフィリピンのパラワン島へ旅行に来られる方からの質問で意外に多いのがチップのこと。

フィリピンってチップ文化なんですよね?チップっていくらぐらい払えばいいのですか?

今回は基本的なチップのこと、その相場、またもらう相手も渡す自分も得する情報もお届け。

 

別に渡さなくてもいい

大前提として渡さなくてもいいです。チップをあげるあげないという選択肢は自分自身にありますので「どの場合に払えばいいのか?この場合は?あの場合は?」とまじめで優しいあなたは考えてしまうかもしれませんが、気にしなくてもいいです。ほとんどの相手もチップを待っていることはありません。でもサービスや対応が良かった場合、例えばレストランやマッサージ店、ホテルのベッドメイキングなど、チップを渡したいと思ったら渡すのがいいでしょう。それは「ありがとう」と一緒に渡す目に見えるちょっとした気持ちです。

 

ここはフィリピンだからチップをあげなければいけないというのはありません。あくまで対応してくれたスタッフなどが親切で感じがよければ渡す選択肢があるということです。

 

マナーとして例外も

ただマナーとしてチップを渡した方がいい場合もあります。どういった場合かというと、例えば夜、ワインを買ってホテルの部屋で飲もうとしたけど、ワインオープナーがなくてホテルのスタッフに持って来てくれるよう頼むも、ホテルにオープナー自体が置いていない、なのでスタッフに頼んで買ってきてもらうか、どこかから借りてきてもらったりした場合。ちょっと具体的すぎですが、ちょっとイレギュラーなお願いをして、それをするのに相手もそれなりの時間使ったり行動をする場合です。この場合はチップというよりお礼をしての意味合いの方が強くなります。

 

 

チップの相場

チップの相場

 

では一体いくらくらい渡せばいいものなのかという疑問。ルールがあるわけではありませんが、目安をご紹介。

 

レストラン

レストランの格とか価格帯にもよりますし、最初からサービスチャージが含まれていることがありますので、渡す必要がない場合もありますが、直接ウェイターに渡すなら50ペソで大丈夫。100ペソは渡しすぎかなと思います(相手は喜びますが)。ローカルレストランや食堂などは一般的にはチップをあげる人はあまりいません。お店の雰囲気や先程言った格にもよりますのではっきり言えませんが、分からなければあげなくてもいいです。

 

ホテルのサービス

ベッドメイキングや荷物を持ってくれた場合などですが、これも特にチップは渡さなくても失礼になるとか、そういったことはありませんので大丈夫です。どうしても渡したい場合は20ペソでいいと思います。

 

マッサージ店

気が利いて感じもよくてマッサージも上手だったら50ペソ。50ペソ紙幣が無ければ20ペソ紙幣2枚で40ペソでも可。もちろん100ペソでもいいです。

 

タクシー・その他公共の乗り物

ここパラワン島ではタクシーはほとんどいませんので、流しのタクシーを捕まえるということは旅行中ほぼないと思います。ホテルに頼んで迎えに来てもらうなどはあるかもしれませんが、メーターを使うことはなく、どこからどこまでなら〇〇ペソと言われることが多いですので、払う必要はありません。(利用者が少ないので料金は高いです。)その他トライシクルやモルティキャブ、ジプニーなども必要ありません。ただモルティキャブなので、外国人旅行者のあなたの為に親切心でわざわざ決まっているルートを変更して目的地まで送ってくれた場合などは運賃+20~50ペソでいいと思いますが、そういう場面は旅行だとほとんどありませんので考えなくて大丈夫だと思います。

 

ツアーの時

基本的にはツアー料金以外に特別チップをあげる必要はありませんが、もしツアーガイドが素晴らしく良かったらあげると喜びます。もちろんツアーガイドうんぬんに関わらずあげなくてもいいです。いいツアーをありがとうという感謝の気持ちを言葉以外にも伝えたいと思ったら50ペソ~100ペソでいいでしょう。

 

その他・例外

先程のイレギュラーなお願いの場合はその難易度にも寄りますが、ちょっとした事の場合は20ペソ。ちょっとめんどくさい場合は50ペソ。それ以上にめんどくさい場合は100ペソ。

 

 

チップの渡し方

チップの渡し方

 

よく「スマートにかっこよく」と考えてしまいがちですが、まったく気にしないでいいです。だいたいカッコよくチップを渡すことに集中する意味はあまりないと思います。その場に一緒にいる恋人や友達、家族に「スマートで慣れてる」とどうしても思われたい場合は頑張ってもいいかもしれませんが、そもそも人に見せつけるものじゃないので別のことで素敵と思われるような努力をした方がいいですね。

 

直接手渡し

私がチップをあげる場合、なるべく相手に直接渡すようにしています。基本的に親切で素敵な対応してくれた目の前の人に対して「ちょっとした気持ち」をあげるので手渡ししです。その方が相手も喜びます。

これはあなたに対してのチップです、ありがとう!という意味合いですので「 This is for you 」と言ってちょっと笑顔で渡します。それ以上のことをする必要はないと思います。

 

テーブルに置いて帰る

個人的にはあまりやりませんが、直接渡すタイミングがなかった場合などはテーブルなどに置いて行きます。レストランなどの場合が多いですが、お会計した後にお皿の下にちょっと見えるように置いてお店を出て行きます。

 

 

得するチップの渡し方

チップは通常、何かしてもらった後に、その良い対応のサービスに対して渡すものですが、先に渡してしまうのもありです。レストランやホテルですると変ですが、マッサージ店やツアー参加時のガイドにあげると対応が良くなる場合があります。

 

お客様は神様ではない

良いも悪いも「お客様第一」「お客様は神様」な日本だと普通に決まった料金を払えば高い質もサービスも受けられてチップも不要ですが、フィリピンだと一般的なサービスの質は悪いです。もちろん高級なお店だと違いますが、お店の雰囲気がローカルフィリピンに近づくにつれてサービスの質は低くなります。このブログを読んでくれている方なら何となくイメージ出来るかもしれませんが、日本みたいな感覚を持っているとビックリしてしまいます。それが悪いわけではなくここでは普通なのです。

 

現金主義

こちらも良いも悪いも現金主義なフィリピン。先にチップを渡すと相手は喜び、いつもより特別に頑張ろうと思います。例えばツアーに参加して、それが他の参加者と一緒のグループツアーであっても先にチップを渡すと顔を覚えてくれますし、印象にも残っていろいろなタイミングで気を掛けてくれる可能性があります。マッサージもいつもより丁寧にしてくれて、マッサージ中の会話もよりフレンドリーになるかもしれません。

もちろん先に渡しても期待したサービスを保証するものではないので、あくまでも「今日は宜しくお願いね」という感じです。なので先にチップ渡すんじゃなかったと思うようなことになるかもしれませんが、それは自分の判断で決めたことですので、相手は悪くありません。期待しているものが高すぎな場合もあります。ただ個人的経験からすると効果は高いです。

 

 先にチップの渡し方

この場合も渡し方は同じです。直接相手に「 This is for you 」と言えばOKです。他に何か特別気にかけて欲しいことがあれば一言添えましょう。特にツアーがグループツアーでなく貸切ツアーだった場合は多くの時間をガイドとあなたのグループだけで過ごすことになるので、先に「今日は宜しくお願いします。」という意味で渡すときっと気持ちよくツアー中過ごせると思います。

 

まとめ

チップは義務ではありませんし、特別なルールもありません。しかしそういう慣習が少しあるのは事実です。でもそれを気にし過ぎる必要はありませんので、「今回はチップあげたいな」と思った時に「Thank you」の一言に添えて渡すといいでしょう。

 

今回はチップの相場も書きましたが、そもそも正解がない上に地域差や状況によって変わります。チップをあげすぎても良くないということも言われているようですが、個人的にはそれはその人次第なのでいいと思います。ただその際に相場を少し知っていると金額の参考にはなると思います。

 

チップのことが少し分かったら安心してパラワン島を旅行しましょう!世界遺産ツアーやアイランドホッピングツアーなど、世界一美しい島に選ばれたこの島でいつもより素敵な旅の思い出を作ってみてはいかがですか。

 

フィリピンパラワン島旅行

 

日本語でツアーの事前予約が出来ます。お気軽にお問合せ下さい。

 

palawan-traveling.com

 

 

 

 

 

 

広告