フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【最終章】壊れたスマホ

 

 

 

先日スマホを果敢にもローカルの修理屋さんに出した私

 

 

 

 

 

今日はその最終章

 

 


 

 

 

スマホの白の裏面は明日用意出来るから、夕方4時30分に来てくれと言われた私

 

 

 

 

 

翌日日本人らしく5分前に到着

 

 

 

f:id:palawan:20171002193820j:plain

 

 

 

 

すると店員は私の顔を見て思い出したように一瞬ハッとした顔をした

 

 

 

 

 

 

その一瞬で全てを悟った私

 

 

 

 

 

こやつら発注手配するの忘れたな・・・・・

 

 

 

 

 

一応確認する

 

 

 

 

 

「今日大丈夫?」

 

 

 

 

 

「トゥモローサー!」

 

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

やっぱり・・・・・

 

 

 

 

 

わざわざ来た甲斐は一切無し・・・・・

 

 

 

 

 

昨日あれほど自信満々に明日ただと言われても全然明日じゃないフィリピンあるある

 

 

 

 

 

 

逆に予想通り過ぎてつまらない・・・・

 

 

 

 

 

 

なんだったらまったく突然廃業してたくらいのサプライズが欲しい・・・

 

 

 

 

 

 

ってことで翌日、再訪

 

 

 

 

 

今度は私の顔を見るや否や自信満々に白の裏面パーツを取り出している

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

微妙だ・・・・・

 

 

 

 

 

どうせなら今日も「トゥモローサー!」くらい言って欲しい

 

 

 

 

 

そうすれば怒りが増幅されてブログを書くのもはかどるのに・・・・

 

 

 

 

 

ってことで交換作業

 

 

f:id:palawan:20171002194135j:plain

 

 

 

 

今日はあのクマさんはいないようだ

 

 

 

 

 

しかし例のごとく接着剤を多用する

 

 

 

 

 

もうひっついていてくれればOKだ!

 

 

 

 

 

白のパーツ

 

 

f:id:palawan:20171002194306j:plain

 

 

 

前回とは違いものの2分で作業終了

 

 

 

 

動作確認をしてお金を払う

 

 

 

 

今回は450ペソ

 

 

 

 

 

完成形はコチラ

 

 

f:id:palawan:20171002194436j:plain

 

 

 

f:id:palawan:20171002194453j:plain

 

 

 

表裏が白でサイドだけ淡いグリーンのオリジナルスマホがここパラワンで完成!

 

 

 

 

 

さらに夜間はサイドから光が漏れるイルミネーションのスペシャルオプション付き!

 

 

 

f:id:palawan:20171002194847j:plain

 

 

 

生活防水機能ゼロの新型なのでスコールは特に要注意しなくては

 

 

 

 

 

こうして何とか軽傷(重症か?)を負いながらも生還を果たした私の相棒

 

 

 

 

 

もうここまで来たら最終的に爆発するまで使いたい

 

 

 

 

もしパラワンでスマホが壊れてしまった不運な人がいたらパルプンテな修理屋さんを紹介します(笑)

 

 

 

 

最近作成したパラワン島マップ、旅行の際はぜひ参考にして下さい!

 

 

 

 

 

広告