フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【検証】フィリピン人に家系ラーメンを食べさせてみたら

 

大大大好きな家系ラーメン!残念ながらここパラワン島ではお店はもちろんないし、カップラーメンとしても売っていないので手に入らない・・・

 

そんな家系ラーメン愛をこのブログでもアホみたいに書いていたら今までツアーの何組かのお客様がありがたいことにお土産として買って持って来てくれたことがある

 

いつも何にもお返しできずに申し訳ないと思うが、ヨダレを垂らしながらありがたくいただいている!!

 

最近だとGWに2組の方から合計5つの家系ラーメンを貰った!!全然予想していなかったので驚いて今回もちゃんとお礼が言えたか記憶にないが、きっとこのブログも見てくれているのでこの場をお借りしてお礼を!

 

ありがとうございました!!おかげでここであと2年くらい生きて行けます!!

 

で、前回そのことをちょっとブログで書いたが、実は既に2個食べてしまった

http://palawan.hatenablog.com/entry/villasakura-2

 

GW中は忙しく、超バタバタしていたので栄養補給が必要だと思い、昼飯に1個食べることを決意したのだが、その時にクリスがいた。昼飯を一緒に食べるときは、いつもは適当に買うか、適当に作るので、私だけが食べるのはさすがに気まずい。。。

 

でも大事な大事な家系ラーメン。。。ただ前回も書いたように4個下さった方はこのブログの大事な読者様でもある。ということでこの貴重な家系ラーメンの一つを断腸の思いでクリスに昼飯としてあげることに!!

 

私「ねぇ、この日本製のカップラーメン食べたい?」

 

クリス「はぁ、普通のやつと何が違うんですか?」

 

私「この辺のとはレベルが違う!激ウマ!!というかこの辺じゃ買えないから!!」

 

クリス「うーん。。。別に何でも大丈夫です」

 

私「!?食べたくないの!?」

 

クリス「いや。。どっちでもいいです」

 

私「いやどっちでもいいとか言うヤツには食べさせられない!!貴重なの!!神なの!!」

 

クリス「じゃあ大丈夫です」

 

私「っえ!?食べないの!?もう一生食べられないよ!!一生!!」

 

クリス「でも貴重なんですよね。。私は別に・・・」

 

私「・・・いいの?本当にいいの?こんな機会ないよ!!いいのね?」

 

クリス「はぁ・・・」

 

私「もう最後の質問!!食べる?食べない?どっち!!」

 

クリス「じゃあ・・食べます」

 

私「いやいや・・嫌々ならあげない!!分かってる?この神な感じ?」

 

クリス「おいしいんですか?」

 

私「だから神だって!!」

 

クリス「・・・」

 

私「よし!!あげるから絶対残さないで!!スープも全部飲んでね!!」

 

クリス「はぁ」

 

 

ということで、私の今年最大の親切心でこの貴重な5個の家系ラーメンのうち1個をあげることに!!

 

お湯を入れる段階から、いかに日本のカップラーメンの梱包力が優れているか、またいかに小袋が開けやすいかを力説!!(フィリピンの小袋は超開けづらい)

 

クリス「この黒い紙なんですか?」

 

私「静かに!!集中して!!」

 

で5分後、蓋をはがして混ぜるクリス(何か遠いくないか・・)

 

f:id:palawan:20180505152321j:plain

 

さらに黒い紙も

 

f:id:palawan:20180505152318j:plain

 

 

そして完成!!

 

f:id:palawan:20180505152325j:plain

 

食べるの様子を撮ろうとしたら嫌がる

 

f:id:palawan:20180505152330j:plain

 

黒い紙全体をひたひたにスープにつけながら食べる素人

 

f:id:palawan:20180505152326j:plain

 

 

プロは1枚ずつ、そして食感の為に全部は浸さない!!

 

f:id:palawan:20180505152318j:plain

 

あぁうまい・・・天国・・・

 

もう最高においしい・・・なんなら涙でちょっとしょっぱい・・・

 

f:id:palawan:20180505152337j:plain

 

 

どうやらクリスはあの黒い紙が一番のお気に入りの様子、なんか微妙な感想だが全体的に口には合うようだ!!

 

もう途中から私はクリスのことは放っておいてラーメンに集中!!!

 

 はぁ天国・・・お腹も満腹、気分も最高、これ以上の幸せってあるの??

 

完食。楽しい時間はあっという間に過ぎて行ったが、食後1時間くらい余韻に浸る

 

頭の中でよく分からないがオリジナルの家系ラーメンソングを歌いながら至上最高の昼飯は終了!それと同時にエネルギー充電も完了!

 

 

 

エルニドに行った方が送ってくれた夕日の写真

 

f:id:palawan:20180510084653j:plain

 

幻想的

 

 

パラワンの海から

 

 

 
広告