フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【晴天】パラワン島の朝

 

朝早く到着のお客様をお迎えにプエルトプリンセサ空港へ。

 

青空が広がっていていい感じだ。

f:プエルトプリンセサ空港

プエルトプリンセサ空港

空港到着後にそのままエルニドに向かったお客様。きっと明日も晴れるだろうから日焼けに注意してたくさん楽しい思い出を作ってもらいたい。

また数日してプエルトプリンセサに戻ってきて数日滞在する予定だが、初めてのパラワン島はどんなふうに見えるのだろうか。

 

そんな風に思いながら帰り道に道端のサリサリストアへ。

サリサリストア

買った飲み物。いかにも身体に悪そうだが、日本に昔売っていたライフガードみたいな味。

サリサリストア

昔は休日になると、寝転がってハードボイルド小説を読みながらライフガードとポテトチップスという最強のコンビを楽しんでいたのが懐かしい・・・。

 

サリサリストは野菜や米、お菓子、生活雑貨までいろんなものを売っている。キャンディー1個1ペソから、なんでも小分けで買える。

サリサリストア

 

子供もお遣いとか、お菓子を買いに来る

サリサリストア

 

その辺に犬や猫、鶏がいるし、子供も多いし、ボロボロの車がガタガタ走っているし、風景も日本と雰囲気が違うからきっと日本人旅行者には新鮮だろう

プエルトプリンセサ

しかし相変わらず土曜日の朝は人気が少ない・・・みんなまだ寝てるかな

 

パラワンの海から

 

広告