フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【奇跡】パラワン島の教会で起きたこと

 

以前に英語の勉強をしていた時にフィリピン人教師に

 

 

フィリピンで財布を落としてしまった時の為に、警察に行って経緯を話してポリスレポートをもらおう

 

というシュミレーショントークを提案し始めようとした時のこと

 

 

「警察に行っても絶対財布見つからないよ!絶対!ここフィリピンだから」

 

 

と一蹴されたことがあったが、確かにそうだ。

 

 

しかし最近ここパラワン島でこれを覆す驚きのニュースがあった。

 

 

 

見出しは

 

 

「正直者のガードマン!プエルトプリンセサ市から表彰される!!」

 

 

内容は、とある観光名所の教会でフィリピン人観光客が10万ペソ(約21万円)とパスポート、それにATMカードが入ったバックを置き忘れたのだが、そこのガードマンであったジョセフさんが敷地内を見回り中に発見し、なんと持ち主にそのまま返したというもの。

 

ジョセフさん

 

f:id:palawan:20180807130726j:plain

 

 

私は目と耳を疑った。

 

 

そんなバカな・・・・

 

 

フェイクニュースか!?

 

 

10万ペソと言えばフィリピンでは大金。そこそこの米が2トン買えてしまう。

 

 

このニュースには驚きポイントがたくさんある。

 

 

① フィリピン人観光客が何故か10万ペソを持ち歩いている点

 

② それを置き忘れる点

 

③ 場所が教会である点

 

④ ガードマンがちゃんと見回りしている点

 

⑤ そのガードマンが持ち逃げしなかった点

 

⑥ それが市から表彰される点

 

 

10万ペソの大金を持ち歩き、それを置き忘れる注意力散漫なコント好きフィリピン人観光客は放っておくとして

 

ほとんどのガードマンが全然ガードも仕事もしないけど、いざとなったら裏切り行為をかますこの国で、ちゃんと見回りしているだけで関心!!

 

 

さらにお金をネコババしなかったのは奇跡を超えて神秘!!

 

 

教会内だから?

 

 

いや、教会内だろうが警察署内だろうが彼らはヤル。

 

 

これはもはや神の仕業!!

 

f:id:palawan:20180807131314j:plain

 

 

ジョセフさんに神が憑依して、お金を持ち主に返したのだ!

 

そしてジョセフさんが気付いた時には、彼は表彰状を持つ市長の目の前に突っ立っていた可能性が高い。

 

 

 

かわいそうなジョセフさん・・・。さぞ悔しかっただろう。。。

 

 

2トンの米のはずが、1円にもならない表彰状になってしまった。

 

 

これは市の対応も悪い!

 

 

根拠はないけど絶対ありそうな市の多額の使途不明金からジョセフさんに米2トン買ってあげるべきだった。

 

そうすると次に神が憑依しなくても「拾った金額=米:単位トン」という考えがよぎってネコババ抑止力になるかもしれない。

 

 

 

 

しかしこれも危険といえば危険。

 

 

なぜならフィリピン人同士が結託し悪用する可能性が高い。

 

 

 

金を置き忘れるフリをする係と、それを見つけて市長から米をもらう係

 

 

登場人物みんなハッピー!?(汗)

 

 

とにかくこの素晴らしい連鎖が続くようにその教会に祈りにでもいくとするか。。。

 

 

 

 

追記

これがニュースになるフィリピン・・・。でもジョセフさん、いろいろ書いたけど、あなたは立派ですね!!

 

 

 

palawan-traveling.com

 

広告