フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【必需品】パラワン島旅行に持って行くと良いもの

 

要チェック!パラワン島旅行の必需品

クリスマスが命と誕生日の次に大事なフィリピンの人々

 

モールもこぞってクリスマスバーゲン 

f:id:palawan:20171218155551j:plain

 

フィリピンでは12月に通常の給料+1ヵ月分が貰える制度があり、それプラス消費大好き国民性なので財布の紐はもうどっかに行ってしまっている

 

こんな感じでお客さんでいっぱい

f:id:palawan:20171218155631j:plain

 

クリスマスパーティーやらプレゼント交換やら、ニューイヤーやらで出費がかさむこの時期

 

パラワン島ではそんなことないが、マニラやセブなどの危険度の高い地域ではお金欲しさに犯罪が増えるのもこの時期のよう

 

ぜひそちら方面を旅行する人は気を付けて

 

12月を過ぎるといよいよ旅行にピッタリのベストシーズンへのカウントダウン

 

寒い日本から来る場合にはぜひ暑さ対策を忘れずに!

 

そこでパラワン島旅行に向けてぜひ用意したいものをいくつか紹介

 

パラワン島旅行必須アイテム 

 

・日焼け止め

もちろんその辺でも買えるがおそらくと言うか確実に製品のクオリティが日本の方が高いと思われるので、日本人の肌にあったものを持参しよう

 

・サングラス

天気がいいと強烈な日差しとなるのであると便利。普段はサングラスをしない人でも紫外線対策されたものを使用して目の保護と南国旅行気分を同時にやってしまおう

  

・風邪薬

急に寒いところから暑いところに行くと体がビックリ。ましてや日々仕事でのストレスから解放された瞬間に気が緩み風邪を引いてしまうかもしれない。こっちの薬局でも買えるけど説明も大変だし、日本みたいに薬剤師さんがいて丁寧に症状にあったものを案内してくれる訳でもないので念のため

  

・薄い長袖、長ズボン

フィリピン自体は暑いけど日本発着のフィリピン行き航空機やフィリピン国内線の機内は異常に寒いことがあるのであると便利。さらにホテルのベットの掛布団はシーツみたいに薄いので夜も使えて安心

 

・サブの財布

金額の大きい紙幣を出してもお釣りがないと言われ悲しい目(購入拒否?)にあうことがあるのと、ツアー中などに持って行けるように、小銭や少額紙幣用のすぐに出し入れできる小さめのサブの財布があると便利。万が一落したりしてもメインが残っていてば大事なカードや身分証類も守られるので安心。

 

・しっかりした丈夫なサンダルか通気性のよいスニーカー 

多くの人がサンダルで生活しているほど暑いフィリピン。サンダルだと急なスコールやビーチに行く際にも便利。フィリピンでも買えるが、安いサンダルを買ってしまうと衝撃的に履き心地が悪いし、底が浅くで危険(舗装されていない道路もあるので)、滑り止め機能どころが底がフラットなので濡れたフローリングなどを歩くと必ず滑ってさらに危険。クロックス的なやつが安心。スニーカーでも良いが、暑いのと水に濡れる可能性があるので通気性のよい乾きやすいものがいい。女性はヒールなどは避けた方が無難

 

・ 腕時計

スマホに時計があるので大丈夫と言えばそれまでだが、日本と違って時計の数が少ないフィリピン。ふとした時に何時と思ってまわりを見渡してもどこにも時計がないということも。さらにあったとしても止まっているか、ズレていることが多々あるので、時差を1時間にセットした腕時計があれば便利

 

最後は 

・大らかな心(忍耐力)

何かと物事が進むのがスローなフィリピン。モノも人も遅い。時間についての感覚が日本人とは全く違うので、15分くらい待ったり遅れたりしても死ぬわけじゃないしと言ったメンタルで旅行を楽しむ為。(15分で済むかは・・・・)他にもびっくりするようなことがあるが、ポジティブに捉えて異国文化を楽しもう!

 

 

もっと詳しく知りたい人はコレを参照

 

palawan.hatenablog.com

 

ということでこれらを準備してパラワン島旅行を満喫しよう!

 

おすすめはエルニドアイランドホッピング

 

 

【最新版】エルニド・アイランドホッピングツアー! | パラワンの海から

 

 

 

 
広告