フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【豚の丸焼き】あなたは食べれる?動画で見るフィリピン!

 

 

特別な日に出されるフィリピン料理レチョンバボイ

 

食文化が違えば楽しいものだが、外国人にとっては時にそれが自分の常識をはるかに超えてしまうと戸惑いの原因にもなり得る・・・

 

今日のトピックはフィリピン名物レチョンバボイ!

 

f:id:palawan:20180410163655j:plain

 

 

フィリピンにゆかりがある人であれば馴染みがあるかと思うが、シンプルに豚の丸焼き!丸焼きなのでもちろん頭まで付いてくる!

 

私も幾度どなく見かけて食べたことはあるが、初めて見たときはびっくりした、というか「かわいそうに」と子豚さんのことを思ったのははっきり覚えている

 

誕生日やクリスマスなど、特別な日に出される特別な料理なので値段も結構する

 

大きさや重さによってだが一般的にはこの辺りだと6~7000ペソ(15,000円前後)でザ・子豚みたいなサイズのレチョンがオーダーできる

 

特別とは言っても料理一品にこの値段はフィリピンだと相当高価!

 

以前、日本から来た女性と一緒に知人のクリスマスパーティーに呼ばれた時もこのレチョンが出てきたが、彼女は子豚さんを不憫に思い一口も食べることが出来なかった

 

私はもう感覚がズレてしまっているので(悲)美味しくいただいたが、冷静に考えるとなかなかパンチの効いた料理だ!

 

チラッと聞いた話なので今でもそういうやり方をしているのかは分からないが、レチョンになる子豚さんは、人間の手によって太い木かなんかで会心の一撃を食らわされたり、押さえつけられて喉元を電動ドリルみたいなのでガッとやられてレチョンになるそう。さらにその瞬間に何とも言えない断末魔をあげるとか・・・可哀そう・・

 

 

そんなレチョンだが、ユーチューブで外国人の彼氏がフィリピーナの実家にいって、お祝いということでレチョンを振る舞われている動画を発見・・・なんかよくある光景な気がするので紹介してみる

 

良かれと思って家族総出でレチョンを振舞うも、戸惑う外国人という構図

 

10数年ぶりに買った超特別なレチョンを喜ばないどころか、引きまくっている外国人の反応に、フィリピン家族側は不快感をあらわしている

 

 


How Will Jenny's Family React When Larry Snubs The Meal They Prepared?

 

 

最終的に外国人彼氏はせっかくのレチョンを全然食べないので「超無礼なヤツ」になってしまった。。。

 

確かにあれだけの熱い視線と期待を一身に受け、さらにお祝いの席ということなので無理してでもおいしそうにありがたがって食べてもいいのにとも思うが、それを見て、期待外れだからと言って無礼呼ばわりするのもアレな気がして、はっきりいうとどっちもどっちな感じにしか見えない・・・リスペクトがないっ!って怒る前にちょっとは彼氏の事情を考えてファミリーに説明してあげればいいのに・・・

 

しかしたかだかこの程度の文化の違いでケンカに発展していたら、この先の二人の未来はきっと長くないだろう・・・(勝手な予想・・)

 

しかし実はこの動画にはもう一つのサイドストーリーが隠されている!

 

それは動画の後半、フィリピーナ彼女が機嫌を損ねて外国人男性が後を追った先での出来事

 

彼女がレチョンを全然食べない彼氏に「あなたは無礼よ!You are rude!!」と英語で言うも

 

rudeの発音がイマイチなのか外国人彼氏が理解出来ず、「You are road!!」みたいな感じになって急に彼氏が「道路」になってしまうというシリアスな場面での痛恨のミスコミュニケーション!

 

私も同じ外国人の立場としてこの彼氏をいろいろ可哀そうだなぁと思いながら動画を見ていたが、最後の最後で笑ってしまった

 

さすがに一筋縄ではいかない不思議の国フィリピン!この短い動画一つとっても様々な問題が垣間見えておもしろいというか悲しいというか、最終的になんだか複雑な気持ちに!!

 

万が一フィリピンでレチョンに遭遇したら無駄に人間関係に亀裂をいれてしまわぬように頑張って食べてみよう!!

 

ちなみにもしレチョンを食べたい場合はヴィラサクラに泊まっていただければどこかにオーダーしますので興味のある方はぜひその目で見て見て下さい!(味は美味しいですよ!)

 

 

 

その他のフィリピン料理はこちら!

 

palawan-traveling.com