フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【行先は】クアラルンプール


前回からの続き

 

ダバオで目覚めて、近所のセブンイレブンで朝ごはんを購入(コンビニって便利ね・・・)


その後いろいろ用事を済ませて14時40分発の飛行機に乗るべく2時間前に空港へ

f:id:palawan:20180305143109j:plain


相変わらずチンタラ遅いチェックインカウンター


私の前には中国からの団体客

 

フィリピン人受付 vs 中国人旅行客


かなりヤバイ構図だ・・・見たくないけど目の前でバトルが始まっているので見えるし、聞こえてくる

 

どうやら中国人一行は英語が微妙。ただ勢いは凄い。。単語のみを連発

 

対するフィリピン嬢は嫌な顔を隠さず果敢にも一人で応戦


荷物の超過が原因みたいだが、いっこうにおさまる気配なし。。全然だれもニコニコしてないがニコニコ生放送したら面白そうだ


そうこうしているうちにランチタイムが終了したのかもう一つのカウンターがオープン


そっちに行っていいのかモジモジしているとあっという間にみんなそっちに移動してしまった


完全に流れに乗り遅れた・・・普通だと次の順番は私だがそんなのお構いなし・・・なのねやっぱり(悲)

 

で無事たっぷり時間をかけてチェックインをすました後、パスポートコントロールへ

 

並んでいるとエアアジアから緊急というタイトルでメールを受信


見てみると飛行機の出発予定時間が約2時間遅れの16時35分になったとのこと。理由は記載なし。

f:id:palawan:20180305143747j:plain

 


現在時刻12時40分。


あと3時間もあるし。。何しよう。というか出発1時間前に知らせるとか。。。


とりあえずゲート前のロビーのイスに座り考える。 2時間半も遅れるとクアラルンプール空港到着が夜の9時近くになり、そこから市内まで行くと10時。

まぁ遅れるだけで飛んでくれるからまだマシと考えるしかない


しかしゲート前のカウンターでエアアジアのグラウンドスチュワーデス3人がたむろしてお菓子食べながら超楽しそうに遊んでいる・・・


彼女たちがフライトスケジュールを変更したのではないのは分かってるが、演技でもいいからもう少し申し訳ないです的な雰囲気を出してくれたら・・・

 

まぁそんなこと考えても時間の無駄なのでノートパソコンでブログでも書こうとと思い電源を入れた直後に異変が・・・

 

なんかシマシマしてる!?

 

そして色が変だ!?

f:id:palawan:20180305143947j:plain

 


・・・文字が超読みづらい

 

 

え?なに?壊れた??

 

しかしここは昭和香るフィリピン。昔のブラウン管テレビの要領で手で叩いて刺激を与える(パソコンは日本製だけど)

 


叩いて叩いて、再起動。


叩いて叩いて、再起動。


叩いて叩いて、再起動。


だめだ。。治らない

 

最悪。。。


超最悪だ。。。パソコンが瀕死の状態


クアラルンプールのオシャレなカフェでノートパソコン広げて出来る男を演出しようと思ったのに。。

 

palawan.hatenablog.com

 

 


GACKTお馴染みのマレーシアでせっかくGACKTみたいになろうとしたのに行く前から既にフィリピンのダバオ空港でGACKT作戦の失敗が確定


もう8年前くらいになるだろうか、必要もないのに当時の東芝のハイスペックなダイナソーを買ったけど、今思えばよく生き延びた方か。。

 

そのダイナソー君もいきなり日本からフィリピンへ連れていかれて、途中何度もフィリピンの空港で職員に雑にスーツケースごとぶん投げられたのだろうが
苦楽を共にしただけに悲しい


せめて最後は日本で看取ってあげたいが、目指す先はクアラルンプール。。


いろいろとかわいそうな瀕死のダイナソー君


いっそのことペトロナスツインタワーの前の噴水ショーの最中に華やかに水葬して有終の美を飾らせてあげるべきか。。

そんなことを考えているとあっという間に搭乗時間に。あと一息頑張ってくれダイナソー君!


いざとなったら機内でお約束の「だれか!誰かこの中にお医者さんはいませんか!」をするしかない。


それに備えて回りを見渡すとフィリピン人、インド人?マレーシア人?中国人?しかいない。。

別に深い意味はないが、みんな私のダイナソー君を治そうと見せかけて最後の一撃をお見舞いしまいそうなメンツに見える。。特にフィリピン人いたっては旅行のワクワクからか傍目からでもハイテンションで浮き足だっているのが分かる

 

私の瀕死ダイナソー君を使ってお構いなしに自撮りした写真をFBにアップしそうだ。。


そんな私たちを乗せた機体は一路クアラルンプールへ


ダイナソー君は三途の川経由かな。。

 

マレーシア語?が聞こえ始める機内で順調に目的地を目指す


続きは次回

 

 

 

 
広告