フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

気になるフィリピン生活を飾らずに綴ります!

【オーマイガッ!!】堀のない刑務所

 

 

不思議の国フィリピン

 

 

 

 

イナサルのテーブルで寝る子供

 

f:id:palawan:20170730182558j:plain

 

 

プエルトプリンセサ新国際空港の変な出国税支払い窓口

 

 

f:id:palawan:20170730182621j:plain

 

 

その辺に置かれた世界一デカいパール

 

f:id:palawan:20170730182641j:plain

 

 

 

 

 

日々余計なことがたくさん起きるので少々のことでは驚かなくなってしまった

 

 

 

余計なものがあって

 

 

 

必要なものがない

 

 

 

そんなオモローな国

 

 

 

そう

 

 

 

今回の「無いもの」エントリーは

 

 

 

 

 

 

 

 

刑務所の堀

 

 

 

 

 

普通にあって欲しいコレがないのです

 

 

 

 

 

 

パラワンのジャンクション2と呼ばれる交差点を西に

 

 

 

その道はそのまま南に向かうナショナルロードとなり

 

 

 

走ること30分

 

 

 

 

パラワンの本物の刑務所

 

 

 

 

観光地でもある「イワヒグプリズン」

 

 

 

 

 

ここの堀がないのです

 

 

 

 

1904年にアメリカ人が建設したもので

 

 

 

その時忘れたのかなぁ

 

 

 

とのん気にいられないはずなのだが

 

 

 

実は本当にのん気

 

 

 

車でもバイクでもトライシクルでも徒歩でも入れます

 

 

 

 

そして

 

 

 

囚人がその辺で笑顔であいさつしてくれたり

 

 

 

ダンスを見せてくれたり

 

 

 

畑を耕したり

 

 

 

 

一緒に卓球したり

 

 

 

 

そんな場所です

 

 

 

 

1日に3回、約2300人いる囚人の点呼を取るだけの管理と言うのはホントかウソか

 

 

 

 

 

でも堀がないのは本当です。

 

 

 

これはもう敷地内

 

f:id:palawan:20170730183213j:plain

 

 

 

 

世界的に見ても珍しいこの場所へ興味がある方は

 

 

 

 

ぜひパラワンにお越しください

 

 

 

素敵な刑務所見学があなたを待っています!

 

 

f:id:palawan:20170730183140j:plain

 

 

パラワンの海から