フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【ベランダで】フィリピン・トワイライト英語教室

 

 

 

 

とある日の夕方

 

 

 

 

私はフィリピンのローカル民家のベランダにいた

 

 

 

ここ

 

 

f:id:palawan:20170724112053j:plain

 

 

 

 

 

 

このナショナルロードから東へ奥深く入った民家の2階のベランダで開かれる夕方からのトワイライト英語教室に招かれたのだ

 

 

 

 

 

 

私は以前ここパラワンで日本人向けの語学学校の臨時校長先生をやっていた関係で、今でもそこに勤めている先生たちとは付き合いがあり、その一人が副業としてローカルフィリピン人向けに英語教室を開催しているのでゲストとして私に白羽の矢が立ったというわけ

 

 

 

 

 

 

フィリピンあるあるでロクに説明もないまま、生徒の為にちょっと授業に参加してくれないかと言われて、その流れで参加。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと生徒は小学生くらいの子供達だろうと思っていたら立派な社会人たち・・・

 

 

 

 

 

 

 

どうやら仕事の為に英語の文法を勉強したいということで参加しているよう

 

 

 

 

 

 

中には有名な麺料理屋さんのマネージャーも

 

 

 

 

 

 

 

確かにフィリピン人は英語を話すけど人によってレベルは全然違う

 

 

 

 

 

 

特にちゃんとした文法はあまり気にしない

 

 

 

 

 

フィリピンタイムを発揮して4時のスタート予定が生徒が集まったのは5時半。5人の生徒のうち2人はアブセント。

 

 

 

 

 

 

こうしてフィリピンらしさ満開なトワイライトローカル英語教室は虫が飛び交う民家のベランダで始まったのである

 

 

f:id:palawan:20170724112144j:plain

 

 隅っこに干してある赤いパンツ・・・・・

 

 

 

今回は基本のBe動詞を含む、いわゆるLinking Verb(リンキングバーブ)。

 

 

 

 

皆でそれぞれ例文を3つ作って発表、そこで間違えを指摘しあうという感じ

 

 

 

 

 

中には1つの文に「is」を3つ使ったりとハチャメチャな感じだったりするが、笑いありで和やかに進んでいく

 

 

f:id:palawan:20170724133220j:plain

 

 

 

 

勉強しながら楽しめればあまり内容や成果、進行度合いについては深く考えないのがフィリピン流

 

 

 

 

途中カップルがイチャイチャし始めたり、スパゲッティやポテトチップスが振舞われたりしながら、約1時間半の授業は終了

 

 

 

 

 

 

 

フィリピントワイライト英語教室は幕を閉じ

 

 

 

 

みんな満足気に帰っていった

 

 

 

 

 

 

 

 

外はもうすっかり暗い

 

 

f:id:palawan:20170724112331j:plain

 

 

 

 

 

 

帰りにその先生とショッピングモールわきでレッドホースを飲んだ後、私も家路に。

 

f:id:palawan:20170724112358j:plain

 

f:id:palawan:20170724112436j:plain

 

 

 

 

 

次回も誘われたので暇なら行ってみるかな・・・・

 

 

 

 

 

 

フィリピン人を観察する貴重なチャンスだし(笑)

 

 

 

 

 

マネージャーと仲良くなってタダで料理を食べさせてもらえるかもだし

 

(笑)

 

 

 

ちなみに夜のパラワン島ではホタルが見れます