フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【宗教】日曜日のミサに行ってみて

 

 

カトリック

 

80%がロマンカトリックと言われるフィリピン。でもクリスチャン、ムスリム、その他大小さまざまな宗教がある

 

今回は仕事でちょっとお世話になったアメリカ人がPastor で日曜の朝のミサに呼ばれたのでお礼を直接言うついでに行って見ることに!

 

今回はカトリックでない(名前を忘れてしまった)

 

実は過去1度だけ別の宗教のミサには参加したことがある私

 

その時はいろいろ初めてで立ち振る舞いをどうしたらいいものか戸惑ったのを覚えている

 

今回はちゃんと長ズボンに靴を履いているし安心!!(前回はハーフパンツにビーサン・・・何着て行ってもいいって聞いていたのに、みんなちゃんとした服装だった)

 

 

 

そんな今回の会場はこちら

 

 

f:id:palawan:20170828130942j:plain

 

 

前回同様、私みたいなお客さん、ましては日本人だとかなり温かく迎えてくれる

 

あいさつして、握手してスモールトークして席に座る

 

バイブル(聖書)と歌の本

 

f:id:palawan:20170828131015j:plain

 

10時になったのでスタート

 

Pastorの人がいろいろとしゃべる

 

f:id:palawan:20170828131053j:plain

 

 聖書の勉強

 

この集まりは英語が使われる。場所によってはタガログ語

 

 

時々歌を歌ったり

  

また何人かがステージで歌ったり

 

f:id:palawan:20170828131124j:plain

 

子供が1人で歌ったり

 

f:id:palawan:20170828131149j:plain

 

 

f:id:palawan:20170828131226j:plain

 

 

途中フィリピンらしく停電

 

11時半、そろそろ終わりかと思ったら、今日は特別ゲストが!

 

はるばるアメリカのラスベガスから来たPastor

 

昨日は世界遺産のアンダーグラウンドリバーツアーに行ったみたい 

 

 

f:id:palawan:20170828131307j:plain

 

 

パラワン島の世界遺産はコチラ

  

palawan.hatenablog.com

 

 

気合の入ったスピーチと聖書の勉強がまた始まる

 

12時までと聞いていたのだが気が付けば12時半

 

お腹も空いたし、集中力が持たず英語がよく聞き取れないし・・次の予定も迫っている。。。

 

 

何時に終わるか分からないので、誘ってくれたアメリカ人にお礼と途中退席の非礼を詫びて退散

 

 

でもいろいろ英語で聖書の勉強、解釈

 

おもしろかったけど、たぶんもう行くことはないだろう。私は特別何かの宗教に属している訳ではない

 

 

宗教に関してはごく一般的な日本人の感覚しか持っていない

 

でもいろんな宗教があることをフィリピンで知って、友人や知人を介していろいろ体験

した

 

スタンスとしてどの宗教もリスペクトしている。誰が何を信じようが本人の自由

 

 

自由というと難しい言葉だが、結局は好き勝手してもらっていい

 

 

誰かは時にバイブルを勉強しろという

 

バイブルを勉強していないから分からないのだと

 

ただ超個人的な意見で言うとそれぞれの宗教がそれぞれの聖書の解釈を押し付けているように思えてしょうがない

 

理解の仕方が時に違うし、なんと言うか、一方通行の解釈に疑問を持つこともないことに対してモヤモヤとした感情を持つ

 

他の宗教、宗派とは相容れないものが多数

 

聖書に書かれていることが全てとは到底思えない。決して否定している訳じゃなく、むしろ先に言ったとおり、どれも尊重している。ただ個人的にしっくり理解できないだけ

 

 

なので、こういった関係にはもう行くことはないと思う

 

もし聖書を勉強したくなった時はまず自分一人で勉強するだろう

 

でもこんな風にでも考える機会を得たことには感謝している。それぐらい無関心だったから

 

 

今でも無知だけど、以前のそれとは違う

 

帰りのモルティキャブに揺られながらそんな風に考えていた

 

デリケートな話題だけど、ここは私が書きたいことを書く場所なので万が一気分を害したりした人がいたら、それは私の本意ではないので、すぐに忘れて欲しい

 

もちろん私を知っている人や友人で宗教に熱心な人もこのブログを見てくれていたりするのでちょっと心苦しいが、ここで思ってもいないことを書くほど時間と労力が無駄なことはないと思う

 

 

 

でも人生何があるか、起こるか分からないから、どんな選択肢に対してもオープンでいることにしている

 

 

 

なので決めつけるのはやめて、今日は貴重な経験に対して素直に感謝

 

 

 あぁお腹空いた

 

 

パラワンの海から

 

 

 

 
広告