フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【思い出せない】最後にこんなの食べたのいつだっけ・・・Ai World編

f:id:palawan:20180222151001j:plain

先日、日本から来た一人旅の方とランチを食べに Ai world という場所へ

 

Ai  World とはここパラワン島プエルトプリンセサに出来たリゾートパーク!広大な自然広がる敷地にプール、レストラン、高級宿泊施設がありと、ここ最近のパラワン島の巨大プロジェクトのひとつ

 

数か月前に一度ローカルフィリピン人と一緒に来てプールなどで遊んだ

 

 

それからいろいろと縁があってそのリゾートパークのジェネラルマネージャーと知り合って、その時こだわりのフレンチのコースがあるというので、今回お客さんと一緒に行ってみる運びに。

 

このジェネラルマネージャーの方はなんと日本人女性!わたしより年下で、しかも超キレイ!さらに笑顔がカワイイ!

 

こんな一大プロジェクトの運営を任されているのできっと相当仕事が出来るし、でも腰の低い人当たりの良い女性でもう完璧!こんなパラワン島でピヨピヨとひよこみたいに生きている私と大違い・・・

 

しかし30も過ぎてフランス料理なんてほとんど食べたことがない愛媛生れの田舎者の私はちょっと戸惑い・・・

 

メールで

「あ、あの予算って、ど、どれくらいですか?」とか

 

「ド、ドレスコートとか持ってないんですけど、だ、大丈夫ですか?」とか聞く始末(カッコ悪い・・・泣)

 

するとここがフィリピンと思わせない素早い返信で「軽装で大丈夫ですよ」と教えてくれた!(このクイックな返信・・・素敵(感動!)・・私のまわりのフィリピン人はいつまで経っても返信しないのに・・

 

 

まぁそもそもTシャツと短パンにビーサンしか持ってないけど・・

 

でもよくよく考えたらリゾートなので休暇を楽しむ場所なのでカジュアルな南国スタイルでいいに決まっている(危うく一人気合のドレスアップして超場違いなアホな日本人になって赤っ恥かくところだった・・汗)

 

 

そんなこんなで昼の12時過ぎに到着。天気は快晴!

 

事前に段取りしてくれたのか分からないが感じのいいスタッフさんがレストランへ案内してくれた(スタッフも感じがいい・・・)

 

 

 というかあちらこちらでスタッフが小走りしている・・日本では仕事中に素早く動くのは当たり前だが、ここフィリピンではみんないつも牛みたいにゆっくり動いているのでそれに感動。。あんなシャキシャキ動くフィリピン人久々に見た。。。やれば出来るのね・・・

 

 

もう感動でお腹いっぱいになったので帰っても良かったけど綺麗なマネージャーさんに会うというこだわり料理を食べるという目的を達成しなければ!

 

 

で素敵なレストランに着いてテーブルに着席

f:id:palawan:20180222151234j:plain

 

程なくして絶妙のタイミングでマネージャーさん登場!素敵な笑顔で迎えてくれる。忙しい中わざわざあいさつに来てくれ、さらに部屋が空いているというので食事のあとに見せてくれる手配までしてくれた。

 

でメニューを見るとコース料理は3種類!コースAが500ペソ、コースBが600ペソ、コースCが700ペソと安い!!

 

私はコースB、お客さんはコースAを頼んで、綺麗な景色をビールを飲みながら待つことしばし。

f:id:palawan:20180222151226j:plain

 

自然豊か・・・日々のすさんだ心が洗われる・・・気がする・・

f:id:palawan:20180222151243j:plain

 

最初に出てきたのがコチラ

 

コースB

f:id:palawan:20180222151505j:plain

 

 

 

コースC

f:id:palawan:20180222151535j:plain

 

 

私「・・・っえ!?なにこれ!?素敵すぎ・・」

 

こんな雰囲気の料理パラワン島で初めてみた気がする・・・素敵すぎる・・・

 

 いつも食べている脂っこい茶色の料理じゃない・・

 

なんかこの一品で5~600ペソしてもいいような・・

 

とにかく朝ご飯を食べてなかったのでグーグーうるさいお腹を静かにする為に食べる

 

もぐもぐ・・

 

もぐもぐもぐ・・・

 

う、う、うまい・・ウマすぎる

 

まわりのなんか小さいやつまでうまい・・

 

次はパンとスープ

 

興奮しすぎてパンが画面に入ってない・・(失態)

f:id:palawan:20180222160441j:plain

 

 

 もうこれも何だかよく分からんが旨い!

 

いつも食べてる酸っぱいシニガンスープじゃない!

 

で食べ終わるタイミングをちゃんと遠くからさりげなく観察していたウェイターさんがメイン料理を持って来てくれた!

 

コースB

f:id:palawan:20180222160916j:plain

 

 

 コースC

f:id:palawan:20180222160910j:plain

 

 

 私が頼んだコースBは魚でコースCはポーク

 

Bのお皿からなんか嗅いだことのあるような無いような良い匂いがする・・

 

もう見た目が旨そうなので食べる前から旨いのは分かっていたがやっぱり激ウマ!!

 

もうわんこそばみたいに80皿くらい食べれそう・・・

 

向かいに座ってこれまたおいしそうに食べている日本の方のお皿のポークをジロジロみていると味見させてくれた!!

 

 

ポーク・・・

f:id:palawan:20180222160910j:plain

 

豚ってこんなにうまいのね・・いつも食べてるのが同じ豚という生き物と思えない・・・

 

きっと育ちが違うのね・・

 

で最後のデザートはこれ

 

f:id:palawan:20180222160220j:plain

 

 

 C

f:id:palawan:20180222161847j:plain

 

 

幸せ・・・・

 

お腹いっぱい・・・

 

このまま鳥になってどこかに飛んでいきたい・・・

 

もう幸福度MAXでクラクラ

 

明日もまた来たい・・・というか毎日来たい・・というかもう皿洗うからもう一皿欲しい・・・

 

食べ終わってしばしの放心状態タイム終了後、お会計を済ませる・・・

 

料理もおいしいし、スタッフの人も気が利くし、感じが良かったし大満足!こーゆーのには気持ちよくチップを渡せる!!

 

 

で別のスタッフさんが空いている部屋を案内してくれる

 

カンカン照りの太陽の下を歩いていくと部屋が見え始める

f:id:palawan:20180222163221j:plain

 

 

青い屋根に白い壁。夜はこんな感じみたい

f:id:palawan:20180222163208j:plain

 

 

部屋は3種類あってグレードによって料金が違うけど現在プロモ中でファミリールームが8,000ペソで泊まれるみたい!

 

部屋にはバルコニーが

f:id:palawan:20180222163212j:plain

 

 

写真を撮り忘れたけど、バスタブにジャグジー付きで何かベットは分厚くてふかふか

 

機会があればぜひ泊まってみたい!!

 

公式フェイスブックにはこんな投稿が

f:id:palawan:20180222163214j:plain

 

 

ぜひここに来てどれだけ人生がアメージングなのか考えたいね!!

 

 

その日は家に帰って綺麗なマネージャーさんにとにかく美味しかったですとメールで伝えてお礼を言って終了

 

なかなか宿泊者じゃないと普通の旅行者では行きづらい場所なので、ぜひ次も日本からのお客様をお連れしたい!

 

興味のある方はぜひご連絡を!また宿泊されたい方もご連絡を!ちょっとだけ便宜を図ってくれるかもです!!

 

 

 

palawan-traveling.com

 

 

 

 

 
広告