フィリピン最後の楽園パラワン島 日常編

日本と全然違う!そんなパラワン島での暮らし

【電光石火】私の2,000ペソ

 

 

先に結果から

 

 

私の2,000ペソ

 

 

盗られました!!

 

 

 

ありがとうございます!

 

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふふ

 

ここまでスマホの画面をスクロールダウンしたあなた

 

こんな感じ?

 

f:id:palawan:20180808220813p:plain

 

 

 

お腹いっぱいになるかはわかりませんが、事の詳細はここからなのです。

 

 

 

以前ヴィラサクラで住み込みのお手伝いさんを募集した時のこと

 

 

部屋あり、食事あり、Wi-Fiあり、仕事は楽、給料も相場よりちょっと上という条件だったのですぐに10人くらいの応募があった。

 

 

 

私の希望は遠くの島出身で、ここプエルトプリンセサの地理に疎く、知り合いもいない人。

 

 

理由は悪巧みの防止!

 

 

相手側に協力者がいない方が低リスク

 

 

フィリピンでは常にこういう人的リスクがめんどくさいことにつきまとう

 

 

昨日味方だったのが、太陽が昇ると同時にお尋ね者となるこの北斗の拳のような世界

 

 

f:id:palawan:20180808221229j:plain

 

 

あの人は大丈夫!が、信用していたのに(涙)に変わる

 

 

 

手練れになればなるほど、信用させる期間が長くなるらしい。数年、時には十数年。

 

 

 

話を戻すと応募者は10数名。

 

それぞれとメッセージのやり取りをして面接の日程を決めるということになるのだが、

 

メッセージのやり取りの時点でお先真っ暗

 

 

まず募集要項に場所や給料、仕事内容、などほとんど全て重要なことは記載してあるにも関わらず、90%それらを聞いてくる

 

それが確認という意味なら素晴らしいのだが、単純に読んでない。

 

 

 

じゃあなんで彼らは何も把握してないのに応募してくるのか?

 

 

 

それは宇宙の謎

 

 

Xファイルのモルダー捜査官もお手上げ

 

f:id:palawan:20180808221514j:plain

 

 

 

とにかくメインの仕事は悪さをせずに留守番と掃除なので、こちらも多くは求めない。

 

 

 

仏様のように心の平穏を保ちつつ、不毛なやり取りを繰り返す

 

 

 

そしてやっとこさ面接の日時を決めるのだが、面接の日になると95%来ない。

 

 

永遠に

 

 

もちろん連絡もない。

 

 

あのやり取りなんだったの?

 

 

そんな禁じられた遊びを連発

 

 

さらにレベルが上がると、ここに来るまでの交通費を先に送ってくれというヤツまでいる。

 

 

寄付!?

 

 

送ったって、絶対に来ないでしょ!

 

 

しかも金額を見ると移動中にちゃんとジョリビーのセットが2つくらいテイクアウト出来るように金額が上乗せされている

 

 

往復用!?

 

 

 

あまり関わりすぎるとフィリピン熱にかかってしまうので注意が必要!

 

 

 

そんなこんなで近所ではあるが応募があった19歳、新婚、赤ちゃんありの女性が来た。

 

 

育ちのよさは全然ないが、明るく、感じも良く、愛嬌もある。

 

 

1ヶ月のお試し期間から始めることに

 

 

さらに近所なので住み込みの必要はないねと話し合い、通ってもらうことに。

 

 

翌日からお仕事開始。

 

 

さっそくゆっくり歩きながら遅れてくるも、掃除して、留守番

 

私もそれとなく働きぶりをみる。

 

動きは機敏。掃除もやり慣れている。指示しなくても自分で仕事を見つけていろいろ掃除!

 

頼んでもないのに、というか入らないでと伝えた私の部屋までピカピカに。

 

 

ア、アタリ!?

 

 

そう思っていたらその日を最後に私の財布の2,000ペソと共に消えてしまった

 

 

 

アーメン

 

 

 

 

チーン!

 

 

 

あえて財布から全額取らないというテクニックが憎たらしい・・・

 

 

 

しかし油断した私が完全に悪い

 

 

 

2,000ペソで済んでよかったと思うしかない。

 

 

それで赤ちゃんのミルクが買えるなら・・・

 

 

 

でも子を持つ親としてはどうなの?

 

 

という倫理的な話をしても当事者がいないからパス!

 

 

誰も見てないからダイジョウブ!的なアレだろう

 

 

そんな彼女もきっと週末には家族で恒例の教会へ

 

 

聖書のことはよく知らないが、神様は全部見ている的な記述はないのだろうか。。

 

 

 

しかし2,000ペソ。

 

 

フィリピンではそれなりの額。特に大部分を占めるミドルクラスより下の庶民には。

 

 

 

ただよくある話。でも冷静になるとヒドイ話。

 

 

日本で例えるなら

 

 

初出勤となる転職先の会社の上司の財布から2~3万円抜き取って行方をくらました

 

 

という感じだろうか

 

 

まさか初日に!?

 

 

というシンプルだが虚をつく犯罪

 

 

やっぱり何も知らない人を雇うのは危険ね・・・

 

 

これからはもっと注意しなければ・・・(トホホ)

 

 

 

 

 

palawan-traveling.com

広告